写真の基礎① <絞り・シャッタースピード編>

ブログスタート!!!


見ていただき、ありがとうございます🥰




不定期に更新していくので、ゆるりと勉強していってもらえればと思います♪


かなもん

「オートで撮影するのも楽しいけど、もっと思い通りに撮れるようになりたい。
まずは、初心者でも分かるように基礎的なことを教えてほしい!」



初回は、こういうような悩みに、2回にわけて答えていきます!


まず、知っておくべき!絞り・シャッタースピードの基礎

写真を撮りたいとなったら、絞り・シャッタースピードの知識は必要不可欠!

カメラの買いたてのうちは、

オート機能でもいいと思いますが、

「もっとこういう写真が撮りたい!」

「綺麗には撮れるけど、なんか暗いんだよな…」

とだんだん思ってくる方も多いのでは?


そこで、他の撮影モードでも撮れるように、まず「絞り」「シャッタースピード」を一緒に勉強していきましょう!



それぞれについて話していく前に、頭にさくっと入れておいてもらいたい情報があります。



構造的な話ですが、カメラには光を入れる穴があり、

ある一定の時間、この穴を開くことでカメラに光が入ります。


「絞り」は穴のこと「シャッタースピード」は穴を開けている時間のこと、と当てはめられます。


複雑なようで意外と、ベースの構造は簡単なものになっているのです!

それを踏まえたうえで、絞りについて解説していきます。


絞りの単位は「F」で表します。

上記のイラストのとおり、

数字が大きくなっていくと絞りの穴は小さくなり、

数字が小さくなっていくと絞りの穴は大きくなるのです。

ただ、穴の大きさは、撮影に直接関係ないので、知識として頭の中に入れておく程度でよいです。



重要な点は、

絞りの値が大きくなるほど

ピントがあたる範囲が広くなり、

値が小さくなるほど

ピントがあたる範囲が狭くなるというポイント!



❶絞りを開けた写真

(設定:絞りF2)

良い感じに背景がボケて、映えるような写真ですよね♪

この値まで低くすると、ピントが被写体にきれいに合うので、自分が何を見せたいのか表現できます。




❷絞りを絞った写真

(設定:絞りF6.3)

全体的にピントが合っていて、見やすい写真ですね。

街並みと人を両方映したい観光写真・集合写真などに使いやすいので、必要に応じて使い分けていきましょう!




ちなみに、使いやすい一般的なF値は、

F2.8、F5.6です。



F2.8は背景がかなりボケて、

ポートレートを撮影時に、

F5.6は被写体・背景を両方見せたい時に使えます。



ぜひ、試してみて下さい!




*****************



次はシャッタースピードについて☆



シャッタースピードは上のイラストの数値が上がれば上がるほど、

シャッタがーおりる速度が早くなっていく仕組みです。

※1段・1/3段と、ほとんどのカメラは同じように段階をふんでシャッタースピードは変わっていきます。



早くなればなるほど、早い動きの被写体を撮ることが可能!

運動会・スポーツ写真などに活躍します。



逆に遅くすることで、わざとブラした写真を撮れます。



この絞り・シャッタースピードをうまく組み合わせると、色んなパターンが撮影可能です。



それについては、次回お話します!
お楽しみに♪




最後に…

Twitter・Instagramをクリックして

フォローしていただけると

飛びあがって喜びます👏w

☆Twitter(@kanakana787)

☆Instagram(@kanakana787)

仕事のご依頼・ご質問などは、お気軽に[お問合せフォーム]からご連絡下さい!

では、また👋✨

Follow me!

前の記事

ブログ始動!